i-Construction(アイコンストラクション)3次元測量・設計で現場を「見える化」

ニチイコンサルタントは、最先端3次元技術でお客様のICT活用をサポートします。

測量 2次元から3次元へ 上空からUAV(ドローン)、地上からLS(レーザースキャナー)を使用して計測します。

UAV(ドローン)写真測量

○スナップ撮影

工事の進捗状況などの定期的な撮影や施工写真の撮影をします。

○地形撮影

GPSなどの援用で自動航行により決められたルー卜を飛行させ、地上を撮影します。

地上型レーザースキャナー測量

地上に設置した3Dスキャナよりレーザー(光)を照射し、構造物を高精度に測定します。

データ解析・設計データ作成 UAVやLSで計測し、3次元化した現況地形の測量データと3次元設計データを作成します。

3次元データ作成解析作業

UAVやレーザースキャナーで取得したデータを解析し、点群データ(X.Y.Z)を作成します。 作成した点群データから、3次元TINデータ(三角網の面データ)に変換することが可能です。

3次元設計データ

2次元平面図をもとに、3次元データを作成します。
道路線形の作成や現況と計画の取合いなど、細かい部分まで3次元化します。
視覚的に現場全体を把握して問題点の早期解決、手戻りのないスムーズな施工が可能となります。

出来形管理 3次元設計データ等によりICT建設機械を自動制御します。

3次元化した現況、および計画データの差分から、平均断面法やメッシユ法により、正確な土量計算が可能です。
また、UAV写真測量・レーザー計測により取得したデータを解析して出来形管理表やヒートマップなどICT仕様の成果を納品します。

PAGETOP