業務内容
HOME > 業務内容 > 測量技術紹介

測量・建設コンサルタント
ニチイコンサルタント株式会社
〒491-0837
愛知県一宮市多加木
二丁目9番3号
TEL:0586-71-8781
FAX:0586-71-8786

測量技術紹介

確かな技術力と情報力で、最新の設計手法に対応できる情報を提供します。

道路や建物の隅等にある、コンクリートの杭や、アスファルトの上の鋲等のほとんどは、私達測量会社が設置したものです。  私達は、日本全国、人の普段入らない山奥までも機械をかついで入って行き、日本を計り皆さんが普段目にしている地図を作っています。

RTK-GPS

RTK-GPSとは無線を使って「リアルタイム」に座標化する新しい測量方法です。
GPS受信機を既知の場所に設置し(固定局)、無線を使いさまざまな情報を移動局側の受信機へ送ります。
移動局側は、無線により送られてくる情報と衛星からの電波により自分の位置が正確に計算されます。

GPS

GPSはカーナビゲーションシステムに搭載されていますが、測量で使用するものは精度が良く、従来の測量の常識を覆すほどです。  
従来は、光波測距儀でプリズムを視準していましたが、GPSはかなり離れた2点間を正確に測ることが可能です。  
それ以外にも水上・海上観測に威力を発揮しています。  
当社では主に工事測量にGPSを活用しています。

VRS-RTK深浅測量

GPSと音響測深器を組み合わせた測量システムです。
音響測深器からの測深データと、GPSから取得した3次元データから直接測深データを同期化させます。
そのため、陸上での検潮データが不要になり測量船のみの作業人員となり、人件費削減となります。










3次元(3D)レーザースキャナー

現場の測定データが、そのままPCへ。3次元レーザースキャナーが、業務効率を支援します。 3次元(3D)レーザースキャナー
●現場をそのままPCに凝縮
三次元レーザースキャナーとは、TSなど従来の測定では得ることの出来なかった現場の詳細な形状データを、簡単に取得する事が出来る計測器です。
【Point】
取得しているデータが、全てXYZ+αの属性を持つ三次元データであること。
●3次元レーザースキャナーが取得するデータについて
現場の必要なデータはまるごと全て取得
※3次元(3D)レーザースキャナーに関しての詳細は、別途お問い合わせください。

ノンプリズム光波

ノンプリズム光波とは、対象物を観測し測距するだけで距離が計れるもので、人の近づけない場や動態観測に威力を発揮します。

  • 立入禁止ヵ所や危険な所(災害現場等)
  • 移動中の施設等(高圧線・プラント等)
  • 高温な場所や回転体(動態測量)
  • 高所や足場の組めない場所(水上構造物)等に威力を発揮します。

ジャイロ

方向角が判る光波測距儀です。
シールドやトンネルでは欠かすことの出来ないジャイロ観測。当社ではジャイロだけではなく、様々な技術の連携により今まで不可能であった測量を効率的に可能にし、お客様に技術と安心を提供し続けています。

  • シールドの路線測量

航空測量

昔から知られている『実体視』の技術を幾学的に精密に解析することによって航空写真に写っているさまざまな地物を正確に計測する測量です。
現地に近づけない災害時などには、大変有効な測量です。
基準点・縦横断・土量計算・丁張り・確定測量

  • リモートセンシング
  • 地上写真測量
  • デジタルマッピング
  • 各種デジタルデータ
  • オルソフォト作成
  • 各種台帳整備

公共測量

  • 基準点測量
  • 水準点測量
  • 路線測量
  • 地形測量
  • 道路台帳
  • 区域線測量
  • 道路区域標保全業務

工事測量

オートジャイロやGPS、自動追尾光波等、最新機種の導入により、最先端のサービスをご提供しております。

  • 造成に伴う測量 基準点・縦横断・土量計算・丁張り・確定測量
  • 橋梁に伴う測量 構造物位置・墨だし・高さだし・SP通りだし等
  • 建築に伴う測量 位置だし・墨だし・垂直の測量面積計算等
  • トンネルに伴う測量 ジャイロでの方向及び位置出し・路線測量等
  • 文化財(遺跡等)の測量 土層断面図の測量・コンター図・遺構図等
PAGETOP